BLOG

読書やDVD鑑賞のメモがメインでしたが、最近、日記を綴り始めました。これまでも日記を綴ることはありましたが、これまでとの違いは「毎日綴る」ということ。

 

2014年10月28日(火)「書くということ」より

『壇蜜日記』に触発されて日記を綴ることにした。twitterやfacebookとは別に、毎日日記を書くことの大変さは理解しているが、敢えてチャレンジしてみる。ブログを書きながら実感しているが、僕にとって書くことは心身共に大きな疲弊を伴う。それだけ集中し、言葉を選んでいるからだと思う。日記を続けることで、この疲弊は解消されるのか試してみたい。

 

http://katuhiko0821.hatenablog.com/


公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。

利他と利己の関係 (月, 17 2月 2020)
誰かのため(利他)を優先すると自分が疲弊して持続性がないと考えています。 自分のため(利己)が誰かのため(利他)に繋がるのが、自分もハッピーで、相手もハッピーで持続性があるという信念があります。 時々、誰かのため(利他)と言いながら、自分のため(利己)しか追求していない人が散見されますが、これは人への裏切りでしかない...。 共創活動を始めた2010年頃から利他を意識し始めて、2013年頃に上記の考えに辿り着きました。今も同様の考え方のままです。今後、更に経験値を積み上げると考えが変わるかもしれません。変わらないかな?
>> 続きを読む

Shiritori in Silence 三禁・絵しりとりを楽しもう (Sun, 16 Feb 2020)
川崎市が推進する「かわさきパラムーブメント」。その一つの施策である「かってにおもてなし大作戦」。今年も川崎各地でマイプロジェクトがお披露目されます。 2/22(土)川崎会場(鹿島田駅前広場)2/23(日)小杉・新城会場(武蔵新城 PASAR BASE他)2/29(土)溝の口会場3/1(日)新百合ヶ丘会場 僕は、小杉・新城会場で「Shiritori in Silence 三禁・絵しりとりを楽しもう」に挑戦。昨年11月に参加した全国のソーシャル系大学が集まるコミュニティカレッジ・バックステージ (CCB)の会場で見かけた「絵しりとり」。長い模造紙にしりとりの要領で絵を描き続けていきます。 今回はパ…
>> 続きを読む

コミュニティの温故知新 (Sat, 15 Feb 2020)
まちづくりカフェたかつ。とても温かい空間。こまちぷらす 大塚朋子さんから優しいメッセージ。川崎市が推進している新しいコミュニティ施策「まちのひろば」。こういう空間や時間の過ごし方が日常にある豊かさ。スタートして、まだ30分も経っていないのに幸せな気持ちに。 次回、3月14日(土)に僕もお話しさせていただきます。今から楽しみ♪
>> 続きを読む

競争より応援することを大切にしたい (Sat, 15 Feb 2020)
第87「こすぎの大学」の先生役はGrowSports代表理事 田口祐貴さん。現役の800メートルランナーであり、同時にスポーツを通じて「心と身体の成長」を伝え続ける27歳。数々の体験から発せられる言葉は深みがあるし響きました。陸上競技は孤独を感じる個人競技。1位以外は敗者と見なされる。だからこそ、勝負より「応援」の大切さを身に沁みてわかっているので、応援することの素晴らしさや大切さを伝えていきたいとのこと。田口祐貴さんの活動を応援し続けます。
>> 続きを読む

交流型イノベーターという肩書きに誇りを感じながら活動しています (Thu, 13 Feb 2020)
久々の内閣府。初めて訪問したのが2014年8月。ポロシャツで受付したら「本当にNEC?」と言われて「はい、そうです」「スーツ以外の人を見たことがなかったから」というやりとりがあったのを思い出します。 なので、今日はスーツで来庁。スムーズに入庁できました。 そして、当時の集合写真。大切な繋がりと思い出。 当時、内閣府には「交流型イノベーター」の研究会に参加していました。イノベーションが叫ばれた当時、デザイン思考やビジネスモデルキャンバス(BMC)を導入する企業が増えたものの、イノベーションは起こっていない。ツールは必要条件であり、十分条件ではない。そのため、実際にイノベーションを起こした人たちに…
>> 続きを読む