川崎モラルに向けたフューチャーセッション

政令指定都市20市の中で非都道府県庁所在地の市では最大の川崎市。人口減少が進む日本の中で、街の再開発と共に人口も増加し、住みたい街ランキングでも上位となり注目を集める川崎市。これまで東京に隣接する都市として中小企業を中心に「川崎モデル」と称されるほどに日本の経済を牽引してきた川崎市。産業に続き、今度は「川崎モラル」を通じて、住みたい街・訪れたい街・誰かに伝えたくなる街としてシビックプライドに溢れる街にし、これからの日本の街づくりを牽引していきたい。


第1回「美しい街、川崎」

美しい街、川崎 (2015年4月11日)

http://kawasakimoral.jimdo.com/event1/

 

午前中は、グリーンバード川崎駅チームと共に、ゴミ拾いを通じてポイ捨ての実状を体感。午後は、川崎市の路上喫煙対策の状況を知ると共に、参加者が持ち寄った自分が住まう街のポイ捨ての実態をシェア。喫煙自体を否定することなく、路上喫煙やポイ捨てを多面的に捉えることで誰もが快適に過ごし、そして、「川崎モラル」として誰かに伝えたくなる路上喫煙・ポイ捨て対策のアイデアを導き、川崎市への提案書としてまとめました。

 

>> レポートはコチラ <<


第2回「参加する街、川崎」

参加する街、川崎 (2015年7月11日)

http://kawasakimoral.jimdo.com/event2/

 

テーマは「政治」。4月12日の統一地方選挙。川崎市議選の投票率は4年前より低下しました(※1)が、「投票率の低下=政治離れ」と端的に結論付けるのは違うと考えています。当日は、「政治と若者をつなぐ」をコンセプトに活動している特定非営利活動法人YouthCreate代表 原田謙介さん、3名の川崎市議会議員さんにご協力いただき、約30名の方々と共に政治への参加方法を考えました。

 (※1) 2011年 46.11% → 2015年 41.98% (▲4.13pt)

 

>> レポートはコチラ <<


第3回「食で育む街、川崎」

食で育む街、川崎 (2015年11月28日)

http://kawasakimoral.jimdo.com/event3/

 

4月11日(土)の第1弾「美しい街、川崎」、7月11日(土)の第2弾「参加する街、川崎」に続き、第3弾「食で育む街、川崎」を11月28日(土)に開催します。テーマは「食育」。川崎市をはじめとして人口の都市集中が進み、都市生活の利便性は高まるばかりです。高まる利便性の中、この機会を通じて、手間暇かけた慈しみ志向の食について一緒に考えませんか? 

当日は、川崎市宮前区で200年以上農業を営まれている「小泉農園」小泉博司さん、オーガニック料理教室を主催する「ワクワクワーク」代表 菅野のなさん、食農教育コーディネーター 清水まゆみさんをゲストにお迎えしました。 

 

>> レポートはコチラ <<


第4回「備える街、川崎」

備える街、川崎 (2016年4月23日)

http://kawasakimoral.jimdo.com/event4/

 

昨年4月11日(土)の第1弾「美しい街、川崎」、7月11日(土)の第2弾「参加する街、川崎」、11月28日(土)の第3弾「食で育む街、川崎」に続き、4月23日(土)に第4弾「備える街、川崎」を開催します。テーマは「防災」。311東日本大震災から5年が経過した今年。今一度、防災について一緒に考えませんか?

当日は、株式会社STEP CAMP 寒川一さん、 防災ガール 田中美咲さん、まるたけ民間救急 阿久津信儀さん、 ボウサイダー制作委員会 川島勇我さん ゲストにお迎えしました。 

 

>> レポートはコチラ <<