未来創造プロジェクト

 

AIが人の能力を越えると言われるシンギュラリティ後の2050年に“人が生きる、豊かに生きる”未来像を、NECグループ全員を対象にした公開オーディションを通じて集まったメンバーと共に検討し、「意志共鳴型社会」というコンセプトを立案しました。


10万人の大企業の30年後をつくる「現場」で起きたこと

WIRED日本版で「未来創造プロジェクト」が紹介されました

 

その日、有識者は「足るを知れ」と言った

10万人の大企業の30年後をつくる「現場」で起きたこと

https://wired.jp/2018/12/13/future-nec-2018-ws/

 

NECが、次なるイノヴェイションへの道標をつくるために2017年にスタートした「NEC未来創造会議」。2年目となる2018年は「実現すべき未来像」と「解決すべき課題」に加えて「課題の解決方法」が国内外からの有識者とともに議論された。一方、10万人の社員数を誇る大企業が目指す30年後を考えるという責任重大なプロジェクトの現場では、同社の若手社員とヴェテラン社員が50回以上にわたる議論を繰り広げていた。2050年に向けてNECが打ち出した、ヴィジョンの裏側に迫る。


NEC未来創造会議

「NEC未来創造会議」とは、国内外の有識者が集い、今後の技術の発展を踏まえながら「実現すべき未来像」と「解決すべき課題」、そして「その解決方法」を構想する活動です。

国内外の有識者が議論する裏側で、NECとしての考えを検討して提示し続けたのが「未来創造プロジェクト」です。

 

NEC未来創造会議

https://future.nec/