Profile

公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。

NECに勤務し、ブランド戦略を担当。2011年、企業人が会社の枠を超えて価値共創する「企業間フューチャーセンターLLP」の立ち上げに関わる。その経験を活かして、自分が住まう街 武蔵小杉を中心に地域デザインに取組み始め、2013年よりソーシャル系大学「こすぎの大学」、シビックプライドに溢れる街づくりを目指した「川崎モラル」を企画運営する。公私を融合させた「働き方」や「楽しみ方」を模索中。

 

1972年生まれ・185cm(実寸187cm)・岡本克彦(オカポン)


講演やセミナー講師をお受けいたします。お気軽にお問い合わせください。

>お問い合わせはコチラ


Work

Work
Work
交流型イノベーター
交流型イノベーター

Social Design

Social Design
Social Design
こすぎの大学
こすぎの大学

Life

Life
Life
ハフィントンポスト
ハフィントンポスト


Interview

WIRED日本版でNECの活動「未来創造プロジェクト」を紹介していただきました。

 

NECが、次なるイノヴェイションへの道標をつくるために2017年にスタートした「NEC未来創造会議」。2年目となる2018年は「実現すべき未来像」と「解決すべき課題」に加えて「課題の解決方法」が国内外からの有識者とともに議論された。一方、10万人の社員数を誇る大企業が目指す30年後を考えるという責任重大なプロジェクトの現場では、同社の若手社員とヴェテラン社員が50回以上にわたる議論を繰り広げていた。2050年に向けてNECが打ち出した、ヴィジョンの裏側に迫る。

(2018年12月13日掲載)

>> 詳しくはコチラから <<


大手不動産会社7社が提携し、豊富な新築マンション販売情報と、マンション選びに役立つ様々な関連情報を提供する新築マンションポータルサイト「Major7」でCOVID-19状況下でのリモートワークの様子を紹介していただきました。

 

岡本さんは、もともとベランダで週末の一人ミニキャンプを楽しんでいましたが、緊急事態宣言以降は、ベランダ生活がさらに活発化しました。キャンプ用のテーブルと椅子を置いたベランダでは、ときに娘さんも一緒に宿題をすることもあります。

(2020年5月28日掲載)

>> 詳しくはコチラから <<


神奈川県政策局未来創生課作成「かながわコミュニティ再生・活性化事例集」に「こすぎの大学」を紹介していただきました。

 

 ──そんな岡本さんたちが運営をする際に心がけていることは、

「自分たちがまず楽しむために、肩の力を抜くこと。無理をしないこと」です。

(2020年4月掲載)

>> 詳しくはコチラから <<


川崎市のソーシャルビジネスやコミュニティを紹介する「つなぐっどKAWASAKI」で、「こすぎの大学」を紹介していただきました。

 ──取材を終えて

自ら積極的に越境し、新しい価値を創出し続ける岡本さん。決して身構えることなく、自然体でまちの人々の様々な想いを紡いでいく、その姿勢は周囲への優しい眼差しと他者へのゆるぎない信頼に基づいていると感じました。

(2018年8月21日掲載)

>> 詳しくはコチラから <<


環境ビジョンの実現と、世界への情報発信を目指す「エコッツェリア協会」でソーシャルデザインの活動を紹介していただきました。

──ワールドカフェや3×3Laboを通じて得たコミュニケーションのあり方とは?

単純に、皆で集まって何かを作る、モノづくりやコトづくりのプロセスの楽しさを思い出しました。プロセス自体がコミュニケーションなんですよね。

(2015年10月13日掲載)

>> 詳しくはコチラから <<


東急沿線のヒト・コト・モノ・バの情報や、街のデータを伝える「とくらく」で、「こすぎの大学」を紹介していただきました。

 ──最後の質問です。岡本さんにとって武蔵小杉というのはどんな街ですか?

新しい地元ですね。僕は横浜出身なんで、ずっと「地元は横浜です」って言いながら生きてきたんですが、それとは少し違う文脈で「武蔵小杉が地元です」と言えるようになってきました。大切にしたい街であり、そして大切な友人が住んでる街になってきたということですよね。

(2016年6月10日掲載)



新着BLOG

公ではブランド戦略を、私では地域デザインを。

自動車のフロントガラスに小石があたって・・・ (木, 09 7月 2020)
先週末の話。横浜の実家からの帰り道、首都高速を走っていたらフロントガラスに小石があたってヒビが入ってしまうという惨事。最初は鳥フンが落ちてきたと思ったんだけど、フロントガラスに当たった時の衝撃音がすごくて。そして、スローモーションのようにヒビが広がり...。 事故にならず良かったと思いつつも痛い出費。自動車共済の契約対象外のため、自費での支払い。トホホ...。
>> 続きを読む

「学び」の師匠と仰ぐ寺田佳子さんと久々の再会 (Tue, 07 Jul 2020)
僕が「学び」の師匠と仰ぐ寺田佳子さんと久々の再会。 寺田さんと初めてお会いしたのは2013年6月末の屋台大学。今から7年前。当時、スマホ事業からの撤退前夜で毎月のように仲間たちとの別れがあった頃。環境が大きく変わる中、寺田さんから「学び続ける人がリーダーになる」「学びをマネジメントできるのは現場の上司やリーダーだけ」という言葉を聞き、今後も環境が変わることを前提に学び続けることの大切さを学びました。だからこそ、COVID-19の状況下でも変化を受け止められる僕がいる気がします。 2015年8月に鎌倉でお会いしたのが最後で、今日、5年ぶりに再会。…
>> 続きを読む

取材で「大切にされているモノをご持参ください」と言われ・・・ (Mon, 06 Jul 2020)
明日は取材。「大切にされているモノ(本、仕事グッズなどなど)、思い出の品などで、撮影させていただけるものがあればご持参いただけると助かります」とのことであり、何を持っていこうか?と30分ほど悩んだ結果、5冊の本を選びました。 1冊目『「応援したくなる企業」の時代』 「応援したくなる企業」の時代 マーケティングが通じなくなった生活者とどうつき合うか (アスキー新書) 作者:博報堂ブランドデザイン 発売日: 2011/06/10 メディア: 新書 B to C(企業から消費者へ)でなく、B with C(企業と生活者の共創)を学んだ一冊。2008年からマーケティングを専攻している大学生たちが主催す…
>> 続きを読む


更新履歴

アクセスカウンター